“ICHIE”は、お客様との“一会”を大切にするために恵比寿に誕生したP.G.C.D.のブランドストア&洗顔エステサロン。その思いを受け継ぎ、少しでも多くのお客様との接点の場となれるように生まれたのがこのブログです。

専門のコンサルタントをはじめ、P.G.C.D.スタッフが実践しているケア方法、P.G.C.D.商品にまつわるエピソード、さらに洗顔エステサロンの様子などもご紹介していきます。ぜひお時間のあるときにご覧いただき、皆様の毎日のスキンケアやヘアケアのお役に立てていただければ幸いです。

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

2017/03/23

【P.G.C.D.について】家族と仲間と みんなで飲む愉しみ

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの安原です。

 

先日、買い物に出かけた際、近くの公園を散歩してきました。

長い時を経て冬を超えた桜の花たちが、

きれいに開き始めていました。

 

image02
「寒い?」って聞いてみたら、

「ううん大丈夫!」なんてかわされて。

「あーあ、寒いって言ってくれたらハグできたのになぁ」

 

舞い散る桜の花びらを

無邪気に手のひらで受け止めている、

お子さんを微笑ましく見つめる

お母さんの姿が印象的でした。

 

ご家族でいらっしゃっている方も多く、

みなさん愉しみながら空を見上げていました。

 

image01

 

今冬は寒い日が続いていましたが、

そんな日は逆に親子や恋人たちにとっては優しい。

ふだん怒ってばかり(?)いるおかあさんやおとうさんが

可愛い我が子を思い切り抱きしめちゃったりできるのも、

寒い時季ならではだったのかも知れませんね。

 

全国的にもどんどんと暖かくなってきまして、

本格的な春はもうすぐです。

 

そんな春の催し物として、

P.G.C.D.では

サボン・ヌーヴォー2017」を開催中です。

http://www.pgcd.jp/campaign/20170301/

 

cover_img

 

「ヌーヴォー」と聞くと、

単純な私はワインをイメージしてしまうのですが、

ご存知の通り、フランス語で「新しい」という

意味ですよね。

 

その昔、村があって、ワインを作る人たちがいて、

パブのようなものができて。

村中で新酒ができたことをお祝いする。

作り手と飲み手が一緒になって新酒を愉しむ。

それがヌーヴォーの喜びだったのかな、

と思ったりしています。

大切にしていたことは、

みんなでワインを飲む喜びだったのでは

ないでしょうか。

 

そして、スキンケアも同じなのではないかな、

と感じています。

(少し強引かもしれませんが……)

洗うたびに、肌の「おいしい」が聞こえる。

肌がヌーヴォーを飲む。美味しいと言う。

 

ご家族で、親御さんやお子さんとで、

そんなスキンケアを愉しむひとときを

お過ごしいただけたら、大変うれしく思います。

 

もちろん、そんな私もみなさまと同じ

「飲み手」のひとりです。

 

ワインも肌も、開くまでには時間が必要ですから。

毎日のスキンケアをあせらず丁寧に、

みんなで愉しみながら続けていきましょう。

 

採れたてでフレッシュな

サボン・ヌーヴォーをたくさんご用意して

みなさまを心よりお待ちしております。