“ICHIE”は、お客様との“一会”を大切にするために恵比寿に誕生したP.G.C.D.のブランドストア&洗顔エステサロン。その思いを受け継ぎ、少しでも多くのお客様との接点の場となれるように生まれたのがこのブログです。

スキンケアコンサルタントをはじめ、P.G.C.D.スタッフが実践しているケア方法、P.G.C.D.商品にまつわるエピソード、さらに洗顔エステサロンの様子などもご紹介していきます。ぜひお時間のあるときにご覧いただき、皆様の毎日のスキンケアやヘアケアのお役に立てていただければ幸いです。

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

2017/12/07

【P.G.C.D.について】キーワードは「BYO」

こんにちは、

P.G.C.D.スタッフの佐々木です。

 

本当に早いもので、

今年も残すところあと僅かになりました。

 

みなさまは、年内のお仕事のラストスパートや

新年を気持ちよく迎えるための準備、

はたまた忘年会等でスケジュールびっしりの師走な日々を

過ごされているのでしょうか。

 

私は先日、忘年会の第一弾として

久しぶりにワイン会を行いました。

 

会場は赤坂のフレンチ。

レストランにワインを持ち込ませていただき、

美味しい料理と楽しい会話を肴にグラスを傾けます。
 
01
 
私が持ち込んだのは、長年自宅で熟成させてきたブルゴーニュ。

生産年が1986年とそれなりにオールドヴィンテージなので

その状態面がどうなのか、

コルクが抜かれるまでドキドキでしたが…
 
02
 
弊社の企業スローガンで言うところの

「美しいシワ」をじっくり刻んでくれたようで、

若い頃にあったであろう突っ張ったところがとれ、

ほぐれた果実味や軟らかい旨味を楽しませてくれました。

 

ちなみに、今回のように

「自分の所有するワインをレストランに持ち込んで楽しむ」ことを

「BYO(Bring Your Own)」と呼び、

BYOには守るべきマナーのようなものが存在します。

 

①第一にBYO可能かどうかをレストランに確認する

②持ち込み料を1本につき約2000~6000円支払う(店側が設定)

③お店のスタッフにも飲んでもらう
(途中で一杯差し上げる/最後まで飲みきらずボトルに少し残しておく)

④お店のワインもオーダーする(乾杯のスパークリングワインなど)

⑤ワインリストにあるワインはできるだけ持ち込まない
etc.

 

例えば③の「お店のスタッフにも飲んでもらう」は、

ある意味、BYOの醍醐味のひとつかもしれません。

 

ソムリエの方にも味わっていただくことで

会話が弾みますし、持ち込んだワイン、

自分に縁のある1本についての情報や感想を伺うことで、

よりいっそう味わい深く感じられることもあります。

 

つまり、レストラン側の立場も考えて節度をもって楽しむことで、

お互いWIN-WINの関係になるというわけですね!

 

さて、P.G.C.D.でBYOといえば、

みなさまご存知のポッシュ サボン(トラベルケース)』

コフレ ヴェリテ(トラベルクラッチ)』ですね。
 
03
 
お好きな2種類のサボン(小サイズ)と

エクラの60mLボトルを入れて、

旅先や出張先、スポーツジムなどどこにでも、

いつもと変わらぬお手入れを持ち込めるのでとても便利!

 

ワインも洗顔も、BYOで心地よく楽しむ。

自分が心から大切にしているモノや習慣を外に持ち出すことで、

人生はそのぶん豊かになりますね。

 

2017/11/30

【スキンケアについて】年の終わりを感じるイベント

みなさまこんにちは。P.G.C.D.スタッフの丸山です。

 

早いもので、気づけば今年も残すところあと1ヵ月。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は先週末、故郷の長野に帰省してまいりました。

ここ数年、ある目的のために

決まってこの時期に帰省しているのです。

 

その目的とは……、

花火大会(長野えびす講煙火大会)を観ることです!

 

空気の澄み切った

晩秋の夜空に打ち上がる花火は格別なんですよ。

01

幼少の頃からあった花火大会ですが、

始まりは明治32年と長い歴史があります。

02

03

歴史は長いながらも革新的な試みも行われているのが

このイベントの魅力です。

 

新作花火コンテストでは、

年々花火の進化にとても感動させられます。

 

今年はなんと公開プロポーズ企画もあって

会場一体が盛り上がりました!

 

見事成功したカップルへ、

かわいいハート型の花火も打ち上げられました!

04

この花火大会が終わると、

そろそろ一年が終わりに近づいたのを感じます。

 

それと共に、来年の花火が今から待ち遠しくなるのです。

 

様々な気持ちが混在する私の帰省。

そのお供には『サボン クレール』、

サボン フォンセ』『ロシオン エクラ』の3品が欠かせません。

05

ポッシュ サボンを利用すれば、持ち運びも便利で

旅行時には特に重宝します。

 

60mLの『ロシオン エクラ』もポーチに入れるのに

最適なサイズで、特に乾燥を感じるこの時期には、

オフィスや屋外、いつでもどこでも気軽に取り出して

保湿ができます。

10月にリニューアルし従来品よりも保湿力がアップしております!

 

年末年始や旅行などのお出かけの際には

ぜひご利用ください。

 

2017/11/28

【P.G.C.D.について】第七回秋のお茶会「月見茶会」を開催いたしました。

みなさま、こんにちは。

P.G.C.D.スキンケアコンサルタントの久住です。

 

9月21日(木)に、Innovation Village“ICHIE”にて、

第7回目にあたるP.G.C.D.のお茶会を開催いたしました。

170921_ICHIE_0007

2017年の秋のお茶会は「月見」がテーマ。

8名のお客様をお迎えすることができました。

 

物事がうまく運び、健康と幸福が満ちるように、

という願いを込めまして、

お食事とともに秋の夜長をお楽しみいただきました。

 

今回も、裏千家の土井一満先生と、

茶道のイベントプランナーの松月信江様に

ご協力いただくことができました。

 

会場にご用意する花は、

毎回、土井先生がその場で活けてくださいます。

170921_ICHIE_0008

今回は、穏やかに揺れるススキを中心とした

季節の花々が、お月見の気分を

ぐっと盛り上げてくれました。

170921_ICHIE_0011

アザミにも似た「田村草」は、

その別名を玉箒(たまぼうき)というそうです。

丸い紅紫色の花が、かわいらしいですね。

170921_ICHIE_0009

山野などに自生する「ワレモコウ」は、

深いワイン色が秋を感じさせます。

秋の十五夜のお月見では、

ススキとともに欠かせない花です。

 

テーマに沿って用意される花々は、

その時々の季節感を演出してくれます。

170921_ICHIE_0040

それと同時に、会場にお越しいただいたばかりの

お客様の緊張をほぐすのにも一役買っているよう。

顔を近づけたり、写真を撮ったりするうちに

お客様同士の会話も弾んできます。

 

スタッフの自己紹介と開始のご挨拶のあと、

さっそく茶懐石の配膳がはじまりました。

 

今回のお料理も「懐石冬野」の冬野様に

ご担当いただくことができました。

170921_ICHIE_0113

170921_ICHIE_0001

~お料理の内容をご紹介~

・萩真蒸

・カマス幽庵焼き

・出汁巻き玉子

・茄子田楽

・枝豆ご飯

170921_ICHIE_0004

秋の七草のひとつである「萩の花」に見立てた

“萩真蒸”は、葉に見立てたインゲンがアクセントに。

 

しかしながら、冬野様からは、

「秋は彩りが難しい」という本音(?)も飛び出しました。

170921_ICHIE_0035

170921_ICHIE_0005

食材の色彩が控えめな秋は、

器で色彩表現を深めることがあるのだとか。

170921_ICHIE_0021

この日も、お椀の蓋の裏側にはさりげなくうさぎの絵が。

 

月見といえば、うさぎを連想する方も

多いのではないでしょうか。

 

遊び心の感じられる演出に

お客様からも微笑みがこぼれました。

170921_ICHIE_0034

江戸甘味噌を使用した茄子田楽の地味深い味わいには、

「こんな味噌、食べたことない!」というお声があがりました。

 

東京でつくられている江戸甘味噌は、

生産者がたいへん少なく貴重なのだそうです。

口にする機会も少ないかもしれませんね。

 

さて、今回ご用意いただいたのは、特別に上等なお茶。

170921_ICHIE_0055

170921_ICHIE_0059

そのため、泡立てずに濃いめに、練るようにたてる

「濃茶」(こいちゃ)を愉しむことができました。

 

「濃茶」は良質なお茶でないと

苦くて飲むことができないのです。

170921_ICHIE_0073

とろりと粘度の高い飲みくちは濃厚そのもの。

上品な香りと甘みが広がります。

 

一般的に、濃茶のお点前は格式が高いとされているので、

「贅沢な一杯」をお愉しみいただけたと思います。

170921_ICHIE_0057

170921_ICHIE_0077

170921_ICHIE_0063

今回は、茶道経験者の方も多く、

それぞれに飲んだ茶器を熱心にご覧になっていました。

皆様の造詣の深さが伺える、

多様な感想が飛び交っていたのが印象的でした。

170921_ICHIE_0061

170921_ICHIE_0068

170921_ICHIE_0064

お茶会ごとにオリジナルで創作しているお菓子も、

ぜひお愉しみいただきたいサプライズのひとつ。

170921_ICHIE_0110

170921_ICHIE_0111

主菓子は、黄色い皮に、ススキの印を押し「月」を表現。

桔梗とエンドウをモチーフにした干菓子とあわせて

秋の静かな空気が会場を包みこんだかのよう。

 

「あれば何個でも食べたいくらい(笑)」

そんなお声に、私たちも嬉しさでいっぱいになりました。

 

茶道の体験を通じて得ることができるのは、

「手間」をかけることで感じられる、丁寧な時間。

170921_ICHIE_0104

170921_ICHIE_0102

お茶会にご参加いただいたお客様には、

P.G.C.D.のスキンケアとの共通点を

感じていただけたかもしれません。

170921_ICHIE_0103

170921_ICHIE_0099

手間をかけて、丁寧に石鹸を泡立てるからこそ

良質な泡ができ、それによって肌が育っていきます。

170921_ICHIE_0107

その道のりは、近道ではないかもしれません。

 

毎日のスキンケアを機械的に“こなす”のではなく、

ひとつひとつに心を込める。

茶道にも通じる丁寧な所作こそが、

私たちに本当の豊かさを与えてくれるのではないでしょうか。

 

今後も、P.G.C.D.ではお茶会の開催を予定しております。

 

自分の手元を見つめ、時の流れを穏やかに感じ取りながら、

心まで健やかに過ごせる時間を共有できれば幸いです。

 

ぜひ茶道のご経験がある方もはじめての方も

お気軽にご応募くださいませ。

 

また、お客様同士での情報交換の場としても

活用していただければと存じます。

 

日程などの詳細は会員様向けのメールや、

公式Facebookページにてご連絡させていただきます。

 

P.G.C.D.公式Facebookページはこちら :
https://www.facebook.com/PGCDjapan/

 

みなさまとお茶会や洗顔エステサロンなどのイベントで

お会いできますことを楽しみにしております。

 

2017/11/24

【スキンケアについて】クリスマス気分でたのしい手仕事♫

こんにちは。

P.G.C.D.スキンケアコンサルタントの吉田です。

 

クリスマスまで1ヵ月を切り、

街並みもだんだんと華やかになってきましたね。

 

ぐっと冷え込む日も出てまいりましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は先週末よみうりランドに行って来ました。
 
01
 
イルミネーションを見ていると、

自宅にもなにか飾り付けをしたい気持ちになってきました。

 

そこで手先の器用な母に先生役をお願いして、

久しぶりにクリスマスリースをつくってみました!

 

まずは、ヒバ、ヒムロスギなどを

組み合わせてリースの土台を作ります。
 
02
 
ふわふわの綿花や艶やかなリボンで、

シンプルながらあたたかみを感じられる

リースの完成です。
 
03
 
手先を使う作業では乾燥を感じてしまうこともありますよね。

 

そんな時、私はボディ用美容液の

ロシオン エクラ プールコール』を

ハンドクリームがわりに使っています。
 
image1
 
ローション状なので、すーっとなじみがよく、

手作業の直前や作業中に使ってもべたつきません。

 

ホワイトフローラルを基調とした

香りに癒やしの効果を感じて、

毎晩寝る前に使っています。

 

是非、今年の冬は、素敵な香りと一緒に

乾燥知らずのボディになってみませんか?

 

2017/11/17

【スキンケアについて】ひと手間が生む「愛おしさ」

皆様、こんにちは!

P.G.C.D.スキンケアコンサルタントの瀧井です。

 

私は先日、同期たちと共に池袋にある

HANABAR』に行って参りました。

 
01
 
小さなお店には、たくさんのドライフラワーが飾られ、

男女問わずどの年代の方でも入りやすいような、

とても居心地の良い空間でした。

 
02

 

その際、初めてマカダミアナッツの

殻割りを体験いたしました。

マカダミアナッツを輪の中にはめ込み、

カチッと音が鳴るまで、上からねじり締めます。

 

03

 

市販の剥き身の

マカダミアナッツよりも甘みが感じられ、

自分で剥いたナッツはなんだか愛おしく感られました。

手間をかけたぶんより美味しく感じられたのでしょうか。
 
04
 
また、レモンで色が変わるアンチャンティーも

飲んでみました。

鮮やかな青色のお茶にレモン汁を入れ、

かき混ぜます。

 

すると、みるみるうちに紫がかったピンク色に!

美容と健康に効果があるといわれているそうです。

 

オーナー様は、この美しい色の変化は

「毎日見ていても飽きない」と

感慨深げに仰っていました。

 

05

 

これからの季節、さらに寒さが増しますが、

しっかりと泡立てた泡と

サボン クレールの香りは、

清々しく一日を始めるスイッチ代わりに

なってくれますよ。

 

しっかりと泡立てし、洗顔する習慣こそが

お肌を着実に変えくれるはずです。