“ICHIE”は、お客様との“一会”を大切にするために恵比寿に誕生したP.G.C.D.のブランドストア&洗顔エステサロン。その思いを受け継ぎ、少しでも多くのお客様との接点の場となれるように生まれたのがこのブログです。

専門のコンサルタントをはじめ、P.G.C.D.スタッフが実践しているケア方法、P.G.C.D.商品にまつわるエピソード、さらに洗顔エステサロンの様子などもご紹介していきます。ぜひお時間のあるときにご覧いただき、皆様の毎日のスキンケアやヘアケアのお役に立てていただければ幸いです。

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

2019/12/12

【P.G.C.D.について】掃除と小旅と持物と。

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの遠藤です。

前回の投稿から約9ヶ月ぶりでしょうか。

 

気がつけば年越しも考え始めるような季節に、

一年が過ぎるのをとても早く感じています。

私は社会人をしながら大学にも通っているのですが、

先日の定期試験の帰り道に近くにあるホームセンターに立ち寄って、

少し早いですが年末年始に使うお掃除用具を買い揃えておりました。

少しずつ、そして丁寧に、年明けには終わらせる目標で

コツコツと行っていけたらと思っています。

皆さまも年末の準備は既に始められていますでしょうか?

画像1

ちなみに、今年から我が家にロボット掃除機が導入された事もあり、

今年の大掃除は大分楽になりそうです。

私が不在の時間にロボットが掃除をしてくれます。

ロボットには大掃除こそ難しくても、部屋の維持を行う役割はまさに適任です。

これも時代なのかもしれません。

 

そんな私ですが、大掃除や大仕事が終わった後によく出かける場所があります。

それが日帰り温泉です。

電車に乗り気軽に行ける範囲にある温泉が大好きです。

画像2

当社のオフィスがある恵比寿から、JR線に乗り池袋駅で乗り換えて東武東上線へ。

途中駅である小川町駅を降ります。

小川町という名前ですが東京の駅ではなくここは埼玉県。

1時間30分程で大きく周囲の風景が変わります。

画像3

車の通りも少なく静かな線路沿いを歩き温泉を目指します。

ガード下を潜り、たまに通り過ぎる池袋行きの電車を

すれ違い様に立ち止まって通り過ぎていくのを眺めます。

段々空から橙の色が消えていき、藍の色に変わる頃には温泉に到着します。

画像4

まるで壮大な冒険のように書きましたが、駅から僅か徒歩12分。

とっても気軽に電車と徒歩で行けてしまうような場所にあります。

そしてタクシーを使えばびゅーんと行けてしまうためお勧めです。

画像5

参考:おがわ温泉 花和楽の湯

〒355-0316 埼玉県比企郡小川町大字角山26−2

 

私は持ち込みでP.G.C.D.のソープを泡立てて使用しています。

P.G.C.D.ではトラベルケース「ポッシュ サボン」を

ウェブサイトにて販売中です。

ポッシュ サボン」は「サボン クレール」「サボン フォンセ」の

40g台サイズを収納して持ち運ぶことが出来ます。

バス用に中身を「サボン モーヴ」「サボン アクア」と

自由自在に組み合わせることも可能です。

 

そして「P.I.」単品定期便をお申し込みの方に、期間・数量限定で

“コスメポーチ”、さらに ミスト状美容液 “エクラ ヒノキ レモン” をプレゼント!

画像6

外出が増えるこの時期は持ち運びにトラベルケースやポーチがとても便利。

ご旅行やご帰省の際には、是非ご活用頂けたら嬉しいです。

2019/12/05

【P.G.C.D.について】オリンピック・パラリンピックのボランティア

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの一戸です。

あっという間に12月に入り、寒さも厳しくなってきましたが

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私はというと、先日国立オリンピック記念青少年総合センターに行ってきました。

画像1

代々木公園駅から、徒歩10分ほどに位置する

国立オリンピック記念青少年総合センター。

代々木公園の紅葉し始めた木々を横目に眺めながら足を進めると、

見えてきました本日の目的地。

画像2

ここ、国立オリンピック記念青少年総合センターは、

1964年の東京オリンピックに選手村として使用されていたとか。

 

今回訪れたきっかけは、

TOKYO 2020 オリンピック・パラリンピックのボランティア研修への参加です。

このような機会がないと中々訪れないものですね。

私の担当は、フィールドキャストという分野になります。

会場でのアテンドや選手の移動の補助などの業務です。

画像3

ボランティアに参加するのは人生初。

 

オリンピック・パラリンピック開催国の人間として

当事者として関われる機会は

TOKYO 2020を逃したらもう無いだろうな・・・

という思いにかられた妻からの推薦でボランティアに応募しました。

 

ボランティアと言えども手を上げれば誰でも選ばれるのではなく、

適正を見ているようです。初めてのことなのでよくわからず、

「地元の自治会の会長を通じて、地域貢献をしていました!」

と必死にアピールしたのが、選考スタッフの目に止まったのかもしれません。

 

さあ、いざ研修へ。

画像4

 

画像5

 

画像6

はじめは、オリンピック・パラリンピックの歴史についての講義。

パラリンピックについての話が多めでした。

 

多くの人に支えられ、選手とスタッフが一体となってメダルを狙っていく。

パラリンピックはすべての競技が決して1人ではなく、

水泳も、幅跳びも、100mも伴走者が必ず付き添っている。

ただ、100mでは最後のゴール地点で伴走者は徐力し

選手がテープを切らなければならないとか。

 

パラリンピックは競技の結果だけではなく、

選手とスタッフが一緒に作り上げた絆も、一緒に感じるものだと気づかされました。

 

今回の研修でオリンピックの秘密をいくつか教わりましたので、

少しばかりご紹介。

 

・オリンピックとパラリンピックのエンブレムは同じ数の四角で作られている

・同一都市で2回目の夏季パラリンピックは史上初

・ユニフォームにオリンピックとパラリンピックのエンブレムが並んで入るのは、

 東京2020大会が初めて。これにはONE TEAMという想いが込められている

・聖火リレーは47都道府県全てに回る。

などなど。

 

座学でのオリンピック・パラリンピックの歴史学習をはじめ

グループワーク、タレントさんからの応援メッセージ、オリエンテーションなど

中身の濃い研修で、オリンピックへのわくわくが抑えられませんでした。

 

初めてのボランティアですが、

研修を通じて不安な気持ちもなくなりました。

あとは、来年の夏にどのように会社からお休みを頂くかが不安なだけです。

画像7

がんばれ、ニッポン。

がんばれ、ペー・ジェー・セー・デー。

 

追伸:

画像8

※オリンピック・パラリンピック会場に飾られるフラッグ

No.212にはNext One!! P.G.C.D.のサイン入りです。お見逃しなく。

2019/11/28

【P.G.C.D.について】お友達におすすめ

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの松岡です。
朝夕の冷え込みも厳しさを増してきましたが、
みなさまお風邪など引いていませんでしょうか。
これからどんどん寒くなって参りますので、
お身体には十分お気をつけてお過ごし下さい。

 

さて、先日、私は友人とグランピングに行きました。

 

千葉のRiver side village Loaという所です。

写真1
名前の通り川沿いにあり、ハワイアンな雰囲気の場所なので、
旅行に行った気分になりました。

 

1日1組しか泊まれない施設で、今回は4人で行ったのですが、
コテージが2つ、テントが1つ使えました。
中もハワイアンで可愛いです!

写真2
近くには素敵なカフェもあります。
自転車を借りることができて、近くのコンビニにもすぐに行けます。

 
夜ご飯のBBQもとっても美味しくて…
焚き火にあたりながら優雅な時間を過ごしました。
写真3

 

翌日に見つけた海が一望できるベンチもとても癒されました。
写真4
友人と素敵な休日を過ごすことができました。
また絶対に行きたい場所です!
とてもおすすめなので、みなさんもぜひ行ってみてください。

 

「友人」「おすすめ」といえば、
P.G.C.D.では、スキンケア/スカルプケア商品を
大切なお友達に無料でお届けできる「肌友」というサービスがあります。
今なら3人紹介で、まつ毛美容液”シル カンテサンス”がもらえます。
LINEで簡単に紹介ができるようになったので、ぜひご利用ください!

2019/11/21

【P.G.C.D.について】○○の秋

こんにちは、スキンケアコンサルタントの江上と申します。

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、、、何をするにも良い季節になりましたね。
私も何か新しい趣味や習い事を始めてみたくなり、インターネットで検索してみました。
体を動かしてリフレッシュできる「テニスやゴルフ」、日本文化にふれる「着物の着付」、心を無にして没頭できる「書道や陶芸」、、、色んな事に興味が湧きますが、まずは週末に体験できるものからと探していると、着物の帯揚げを自分好みに染める「染め物体験」を発見。日常で和装する機会のない私ですが、「帯揚げとしてはもちろん、スカーフとしても使えます」という記載もあったので、早速申込をして体験してきました。

真っ白な生地を、4種の染料を使って自分好みに染めていきます。染料に浸す時間で濃淡をつけたり、複数の色を重ねて違う色に染めたり、ゴムや紐で縛って染めない模様を作ったり、出来上がりを想像しながら、手を動かしているとあっという間に時間が過ぎていきました。

また、10名程参加されていましたが、一人ひとり全く違う色味やデサインで、まさしく十人十色、それもまた面白かったです。

a b c d e f
100年程の歴史がある着物染の会社が主催されている会だったので、着物にまつわるお話しも伺うことができました。洋服の立体裁断と違い、着物は全てまっすぐに裁ってまっすぐに縫う。無駄な形のはぎれも出ないし、その着物を着なくなっても、また縫い目をほどいて生地を別の色に染め直したり、仕立て直すことができ、何代にも渡って受け継ぎ、リサイクルすることが可能。生地が古くなったとしても、布団や座布団に形を変えたり、最後は折りたたんで四角に縫って雑巾として最後の最後まで使える、究極のエコ。「無駄なく最後まで使い切るという日本人の心の原点」との説明に「確かに」と納得。P.G.C.D.でも取り組んでいる「ESG」や「SDGs」にも大いに通じるな、と感動しながらお話を伺いました。

P.G.C.D.の「ESG」「SDGs」についてはこちら

体験が終わって帰る頃には日が落ちて屋外は少しひんやりしていましたが、完成した手染めの帯揚げに満足しつつ自宅へ戻り、ゆったりと入浴。環境にも優しいP.G.C.D.のソープの泡に包まれながら、心も体も温まった一日でした。

1CFC5339-A8E0-4AFF-94F4-1CEEB2958D77

皆様は、どんな秋をお過ごしでしょうか。

2019/11/14

【スキンケアについて】パーティもノーファンデで

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの東山です。
668646526
先日、某雑誌が主催する授賞式とパーティに参加してきました。
2019年を象徴する各分野の著名人が多く出席することもあり、
ドレスアップされた人々が集う、とても華やかで活気に満ちた時間でした。

そんな特別な宴の場にあっても、ベースメイク美容液「P.I.」を使って
パーティに相応しい装いをノーファンデで過ごすことが出来ました。

ベースメイク美容液「P.I.」にフェィスカラー美容液「ファール ロゼ」を
いつも以上に丁寧に顔全体に重ね、彩り良く仕上げました。
IMG_20191112_174533_852
ファール ロゼ」はフェィスカラーをコントロールしてくれる上に
気になるくすみやシミ、クマもしっかりーカバーしてくれるので
健康的で血色の良い肌に見せてくれる、大人女子にぴったりのアイテムです。

ベースメイク美容液のように手で塗るだけでなく
筆を使えば、きちんと感をより演出することも可能です。

さらに、夕方になるにつれ存在感を増すクマやほうれい線などの
メイクなおしにも筆は効果的です。
筆先に「ファール ロゼ」を適量とり、ポイントに乗せます。
クマやほうれい線との境界線は、筆の柄の裏でトントンしながら
グラデーションを作ると自然に仕上がります。

いまなら、「ファール ロゼ」使いに相応しい「毛匠筆」が付いた
コスメポーチセットが期間限定でお買い求め頂けます。

IMG_20191112_175425_773
クリスマスをはじめ、華やかな行事が多いこれからのシーズンに向けて
ノーファンデながらエレガントなメイクも叶えてくれるセットです。
ぜひ、チェックしてみてください。

※コスメポーチセットは期間・数量限定商品です。