“ICHIE”は、お客様との“一会”を大切にするために恵比寿に誕生したP.G.C.D.のブランドストア&洗顔エステサロン。その思いを受け継ぎ、少しでも多くのお客様との接点の場となれるように生まれたのがこのブログです。

専門のコンサルタントをはじめ、P.G.C.D.スタッフが実践しているケア方法、P.G.C.D.商品にまつわるエピソード、さらに洗顔エステサロンの様子などもご紹介していきます。ぜひお時間のあるときにご覧いただき、皆様の毎日のスキンケアやヘアケアのお役に立てていただければ幸いです。

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

2016/12

2016/12/28

【P.G.C.D.について】第四回冬のお茶会「クリスマス茶会」を開催いたしました。

みなさま、こんにちは。

P.G.C.D.スキンケアコンサルタントの永山です。

 

12月7日(水)に、Innovation Village“ICHIE”にて、

第四回目にあたるP.G.C.D.のお茶会を開催いたしました。

 

今年最後のお茶会は、お茶懐石(点心)と

お茶をお楽しみいただける特別な内容でした。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00146

 

今回も、裏千家の土井一満先生と、

茶道のイベントプランナーの松月信江様

ご協力いただくことができました。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00006
161207_p-g-c-d-_ichie_00143

 

お客様にご来場いただき、お茶会のはじまりです。

「和のテイスト」を満載したP.G.C.D.ならではの

この『クリスマス茶会』に、6名のお客様にご参加いただきました。

ご参加いただきましたお客様、ありがとうございました。

 

今回のお花は赤いバラをメインに大ぶりの洋花を、

水差しや茶碗などのお道具も、心が浮き立つようなデザインのものをご用意し、

会場にもほのかなクリスマスムードが漂います。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00017
161207_p-g-c-d-_ichie_00042

 

最初は「点心」という懐石料理をお楽しみいただきました。

P.G.C.D.のお茶会でお食事をお出しするのは初めてのこと。

先に食事をするのは、お茶を楽しむために空腹を整えるためです。

 

~お茶懐石(点心)とお茶の内容を一部ご紹介~

・鰆幽庵焼き

・合鴨のロース煮

・車海老の旨煮

・蟹真蒸の煮物椀

・クリスマスをイメージした和菓子 など

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00008

 

お料理をご担当いただいたのは、「懐石冬野」の冬野様です。

お茶事専門の日本料理人でいらっしゃる冬野様自ら、

丁寧に作られた品々についてご説明いただきました。

 

季節感があり、目にも美しいお料理の数々が、

ひとつのお重に収められています。

盛りつけには金粉も用いられ、見ても、食べても、

繊細な手仕事が感じられます。

食べるのを忘れて見とれてしまうようなお料理に

感嘆の声があがり、写真撮影をして楽しまれるお客様も

いらっしゃいました。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00044
161207_p-g-c-d-_ichie_00053

 

懐石料理というとつい身構えてしまう方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、この日はリラックスした気持ちで、

心からお茶懐石を楽しんでいただくことが最優先。

食べる順番や器の持ち方の指定もありませんでした。

 

お料理は、すべてがひとつのお重に収められていましたが、

通常の懐石料理のコースに相当するボリュームがあります。

海の食材も、山の食材も、ふんだんに使われた季節の点心を

存分にお楽しみいただきました。

 

お料理をいただきながら、先生から茶懐石で持ち出される

「ご飯」についてのお話がありました。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00054

 

茶懐石の場では、表情を変えたご飯が4度出てくるといいます。

最初は糊気の多いご飯で、椀に一文字に添えられます。

珍しい形に盛られたご飯には、「お客様のために炊いたお米が

たった今炊きあがりましたので、お召し上がりください」という

意味が込められているそうです。

 

蒸らしの具合を変え、おかわりの度に違う味わい

のご飯を楽しむのです。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00064

 

当日はお重に入った柔らかめのご飯でしたが、

このお話がお客様の想像を掻き立てたようで、

「食べてみたい」というお声があがったり、

先生に炊き方を質問するお客様もいらっしゃいました。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00079
161207_p-g-c-d-_ichie_00084

 

空腹を整えたあとは、先生のお点前。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00094
161207_p-g-c-d-_ichie_00095

 

クリスマスをイメージしたお饅頭を

先に召し上がっていただき、先生が点(た)てた抹茶が

振る舞われました。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00112
161207_p-g-c-d-_ichie_00072
161207_p-g-c-d-_ichie_00090

 

ここで先生から、茶道において重要な「茶碗の拝見」と

よばれるマナーについてレクチャーが。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00055

 

お茶会で用いられるひとつひとつの茶碗は、

亭主が今日の席のために心を込めて選んだもの。

飲み終わった茶碗を興味を持って大事に見る姿勢が、

おもてなしの気持ちを受け止めることに繋がるといいます。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00062

 

その際の注意点を、実践しながら教えていただきました。

茶道具は高価なものが多いので、持つときは両手でしっかりと。

低い姿勢で肘をついて(テーブルの場合はテーブルの天板に)、

大事に取り扱うのがマナーです。

 

次はいよいよお客様にお茶を点てていただきます。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00127
161207_p-g-c-d-_ichie_00142

 

ご経験のあるお客様は、ふっくらとしたきめ細かい泡を

作っていらっしゃいました。

初めてのお客様も、ひとつひとつの動作を丁寧に確認しながら、

じっくりと茶道の世界に触れ合っていただけました。

 

161207_p-g-c-d-_ichie_00148

 

お茶会終了後には、お客様たちと楽しい談話の時間を

持つことができました。

まだ使用したことのないP.G.C.D.の商品を

手に取ってお試しいただいたり、日頃のスキンケア、

スカルプケアについてご相談いただいたり。

こうしてみなさまと実際にお会いしてお話できることを、

わたくしたちは何よりも嬉しく思っております。

 

Innovation Village“ICHIE” は、茶室をイメージして

作られた空間です。

 

必要でないものを削ぎ落としたシンプルな茶道の世界は、

P.G.C.D.のスキンケアの原点。

集中して茶を点てるように、自分自身と向き合って、

石鹸を泡だてる。

茶道の世界が持つ、華美に飾り立てない、

ありのままを受け入れる日本の美意識を、

わたしたちは大切にしています。

 

2017年も、P.G.C.D.ではお茶会の開催を予定しております。

日程が決定いたしましたら、公式Facebookページなどで

ご連絡させていただきます。

 

P.G.C.D.公式Facebookページはこちら :
https://www.facebook.com/PGCDjapan/

 

それでは来年も、みなさまとお茶会や洗顔エステサロンで

お会いできますことを楽しみにしております。

 

2016/12/27

【スキンケアについて 】最後のお正月

こんにちは、P.G.C.D.男性スタッフの早苗です。

今年も残すところもあと僅か。

年末で慌ただしい日々をお過ごしかと思います。

 

皆さんにとって、今年一年はどんな年だったでしょうか。

 

私は、今年もいくつもの出会いがあり、別れがあり、

そして例年以上に慌ただしく時が流れていきました。

 

忙しさにかまけて、自分と向き合う時間、

自分を磨く時間をとれなかった点は、

来年への反省材料です。

 

さて写真は、実家の庭になった柚の実です。

 

01

 

長男が誕生した際に、実家の庭に植えた柚の木は、

毎年たくさんの実を実らせてくれています。

 

02

 

でも残念ながらこの柚の実とも今年でお別れです。

2017年のお正月は、実家で過ごす最後の正月になります。

 

現在住んでいる母と姉が、いまの家を売却し、

年明け早々に引っ越しすることが決まったからです。

私にとっても子供から大人になる間のほとんどを過ごし、

人生の半分を共にした家に別れを告げることになりました。

 

手放す理由は、「手入れをしていくには大変だから」。

 

決して大きな家ではありませんが、

家も手入れをしなければどんどん荒れ果てていくのだなと、

改めて感じさせられました。

 

きちんと手入れをすれば、長く、美しく、住み続けられる。

きっと母は、自分で手入れができなくなる前に、

別れを告げようと決断したのだと思います。

 

家も、道具も、そして人も、手入れが要らないものなんてない。

 

忙しさにかまけていた今年の自分を反省しつつ、

心新たに自分の手入れを怠らないようにしたいと思っています。

 

04

 

P.G.C.D.のスキンケアはとてもシンプルです。

でもシンプルなケアを一つ一つ丁寧に行っていけば、

必ず肌は応えてくれます。

▶ P.G.C.D.の肌育メソッド : http://www.pgcd.jp/method/

 

私にとって石鹸の減り方は、丁寧さのバロメーター。

 

石鹸の減り方が遅いと、それと比例するように

肌の調子が悪くなったりします。

 

きちんと泡立ててしっかり洗うと、

また肌の元気が戻ってくるから不思議です。

 

03

 

皆さんも、2017年、じっくりご自身の肌を

いたわってあげてください。

▶ P.G.C.D.で一番人気の「3ヵ月セット」 : http://www.pgcd.jp/shop/set_3month.aspx

 

最後に、今年1年のP.G.C.D.商品へのご愛顧、

ありがとうございました。

皆様からのたくさんの声が、私たちの力になりました。

 

来年も少しでも多く、皆様に幸せな時間と喜びを

お届けしたいと思っておりますので、

引き続きよろしくお願いいたします。

 

2016/12/22

【スキンケアについて】この一年を振り返って

こんにちは、P.G.C.D.スタッフの小田です。

 

早いもので、今年もあとわずか。

この時期になると、師走の忙しさから現実逃避したくなり、

年賀状を書きながら一年間を振り返るのが恒例です。

 

今年は、自分が涙もろくなったナアと感じる出来事が多く、

恥ずかしながら人前で涙することもありました。

 

中でも一番の思い出は、次女の幼稚園での発表会。

 

161222_01

 

3歳児保育で9月に入園したのですが、

喘息で入退院を繰り返していた次女は、

発表会の数日前まで体調が思わしくなく、

直前まで参加できるかわからない状態でした。

 

同様の理由で、次女は運動会にも参加できませんでした。

さみしそうな顔で長女を応援する姿を見ていたので、

発表会には参加させてあげたいと願っていました。

 

そこで、日々の習慣を見直し、

次女が体調を崩さないようにと

家族で気をつかって過ごした結果、

無事に発表会の舞台に立つことが出来ました。

 

舞台上の娘は、緊張しながらも主役を演じ発表会は大成功!

 

小さく、手のかかった娘がこんなにも立派に成長したのだと

喜びが込み上げてきました。

時間の経った今でも、感動で胸がいっぱいになるほどです。

 

161222_02

 

そんなことを考えながら、

あれやこれやと一年を振り返りはじめると、

年賀状の準備も思うように進みませんね……。

 

やはり年賀状は元旦に届けたい。

25日までに投函できるように、

今週末も忙しくなりそうです!

 

P.G.C.D.年内出荷のご注文締め切りは、

12月28日(水)正午です。

年賀状に比べれば時間がありますが、

商品がなくなりそうな方は、

お早めにご注文いただきますようお願いいたします。

 

161222_03

 

年末が迫るこの時季におすすめしたいのは

コフレ ヴェリテ』です

私は年末に実家に長期滞在するので、

いつものスキンケアのセットがコンパクトに持ち運べる

コフレ ヴェリテが活躍してくれそうです。

 

年末年始は外出の機会も多く、

乾燥した外気で、肌への負担が増えます。

自宅以外でも、普段のスキンケアができれば安心ですね。

ご旅行の際にはぜひご活用いただきたいアイテムです。

 

年末年始は、家族や親戚との再会に加えて、

帰省先でコフレ ヴェリテを使うのも楽しみです!

 

2016/12/15

【スキンケアについて】習慣が育てるもの

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの小塩です。

 

12月に入り、寒さが増してくるかと思いきや、

今日はとても暖かく、昼間はコートを着ているのが

暑いくらいでした。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

突然ですが、私は今、英語の勉強にハマっています。

学生時代に話せたらかっこいいのにと

淡い憧れを抱きながらも好きになれなかった英語が

今になって大好きになったのです。

 

それは英会話を通じて、英語を話す面白さを知ったからです。

 

01

 

学生時代は目で見て書くだけの勉強をしていましたが、

今は文法をマスターしながら、単語を増やしていき、

参考書に記載された例文の中の熟語を使って、

自分なりに文を考え、口に出して話す練習をしています。

 

02

 

普段、なかなか外国の方と話す機会がないので、

外国の方と話している妄想をして

口に出してみたりしています。

例えば、道を尋ねられたとき、

洋服屋さんで服を試着しているとき。

外国人の恋人がいるという想像をしたりもします。

 

スキンケアと同じように英語に触れることも

習慣化されてきました。

 

もう12月、乾燥やエアコンによる

お肌のつっぱりが非常に気になる季節ですね。

 

03

 

私は日中ロシオン エクラ

60mLサイズを持ち歩き、つっぱり乾燥が気になったら

塗るようにしています。

少し馴染ませるだけでもしっとりするので、

とてもおすすめです。

 

それに加え、毎週末に1度のペースで

市販の顔面マスクシートにロシオン エクラを染み込ませ、

10分くらい顔に馴染ませています。

こちらも乾燥肌の方にはぜひお試しいただきたいケア方法です。

 

肌と心はつながっているといいます。

この冬もぷるんとした肌とともに歩んでいきたいと思います。

 

皆様がP.G.C.D.のスキンケアで肌も心も弾ませ、

これからくる真冬の寒さを

吹き飛ばしていけますように。

 

2016/12/08

【スキンケアについて】ゆたかな心、ゆたかな肌。

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの吉岡です。

 

12月に入り、「毎日がバタバタ!」と言う方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときほど、

心が穏やかになる時間をあえて確保したいもの。

先日、逗子の海辺のカフェで、

ボタニカルキャンドルづくりを行ってきました!

 

01

 

ドライ化した花や葉、茎や実など

たくさんの植物のなかから好きなものを選び

キャンドルをつくります。

 

02

 

わずかに聞こえる波の音、潮風、

遠くには、かすかに見える富士山。

ゆっくり沈んでいく太陽に見守られながら、

ソイワックスが固まるのを待ち、いよいよ点灯。

15分くらい瞑想をしたでしょうか。

 

慌ただしく過ぎていく日々に

身をまかせることも必要なときがありますが、

自分と向き合う時間をあえて作ることも大切ですよね。

でも日常的に作るのはなかなか大変。

 

03

 

そんなときは、朝晩の保湿ケアタイムを活用。

乾いた空気が肌を包むこの時期、

ロシオン エクラでひときわ丁寧にハンドプレス。

ゆっくりじんわり、目を閉じて無になり、深呼吸しながら

肌をケアする時間は、地味ですがとても贅沢です。

 

ロシオン エクラで保湿したあとは、

非売品プレミアム エクラ リップバームで唇もしっかりケア。

こちらはご購入特典で、ただいまお客様にプレゼント中です。

スタッフの間でも大人気なので、ぜひお試しください!

 

ロシオン エクラプレミアム エクラ リップバーム

P.G.C.D.の保湿ケアは、たったこれだけ。

だからこそ、時間にも心にもゆとりが生まれます。

 

瞑想をする意味が、なかなか理解できなかったのですが、

マインドフルネスという言葉がよく聞かれる昨今、

「今という瞬間に集中して、自分自身を取り戻す」大切さを知りました。

これが習慣化できれば、もう大きなストレスにも左右されません。

 

スキンケアの時間を、マインドフルネスの時間に。

シンプルケアで、本質的にゆたかな肌、ゆたかな心を取り戻しませんか?