“ICHIE”は、お客様との“一会”を大切にするために恵比寿に誕生したP.G.C.D.のブランドストア&洗顔エステサロン。その思いを受け継ぎ、少しでも多くのお客様との接点の場となれるように生まれたのがこのブログです。

専門のコンサルタントをはじめ、P.G.C.D.スタッフが実践しているケア方法、P.G.C.D.商品にまつわるエピソード、さらに洗顔エステサロンの様子などもご紹介していきます。ぜひお時間のあるときにご覧いただき、皆様の毎日のスキンケアやヘアケアのお役に立てていただければ幸いです。

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

2023/01/12

【P.G.C.D.について】過去から未来へ

あけましておめでとうございます。

P.G.C.D.スタッフの佐々木です。

年が明けて半月ほど経ち、

始まりの清々しさに満ち溢れる今日この頃。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

私の年末年始休暇は落ち着いた日々で、

普段と変わったことといえば、久しぶりに大掃除をしたことくらい。

自分の部屋も念入りにホコリを取ってスッキリ。

いろいろ整理できたことで、このF1の写真をようやく飾る気になりました。

オークションで購入以来、10年ほどクローゼットの肥やしになっていたものです。

フェラーリ、カッコイイですね。

写っているドライバーはイワン・カペリ。

僕がF1にはまっていた時代の超“推し”で、

レイトンハウス時代のテレホンカードも今回の大掃除で発掘されました。

フェラーリ時代は期待されながらも、

マシンの戦闘力の低さもあいまって結果を残せず契約解除…

ファンにとってもフェラーリ時代の写真を見ると、

自然と苦い思い出がよみがえってきます。

でも、当のカペリ本人は一緒に戦ったフェラーリのスタッフとは

その後も良好な関係を築いたらしく、そのような話を知ってから

ようやく心穏やかに眺められるようになりました。

映画化もされた平野啓一郎氏の小説「マチネの終わりに」の中に、

『未来は常に過去を変えている』というような一節があるのですが、

この写真も僕にとってはそんなことを実感させてくれる1枚です。

たとえ失敗体験であったとしても、その過去を肥やしにした現在の生き方で

過去への捉え方(評価)が変わってくることもあるのだと。

ところで、もうひとつ大掃除で発掘されたものがありました。

昔購入したまま押入れに眠っていたこの本、

柳田邦男氏によるノンフィクション「零戦燃ゆ」。

もうそのまま処分してしまおうかとも思ったのですが、

軽い気持ちで読み始めてみると、ぐぐっと引き込まれてしまいました。

零戦ものはちょっとは読んできたつもりだったのですが、

各エピソードのディテールが他とは全然違いますね。

これはもう3部作の完読確定です。

断捨離の手が止まってしまうほどの、うれしい掘り出し物でした。

さて、新年なのに

このブログはプレイバックばかりの内容になってしまいましたが、

P.G.C.D.の2023年は、新たな扉を開け放つ新サービスがいっぱいです。

特に、定期便の新しいかたち「定期BOX」にはご注目ください。

肌育も髪育も、より快適に続けやすくなりますので、

ぜひ皆さまにご活用いただけましたら幸いです。

2023/01/06

【P.G.C.D.について】幸せなひとときのおすそ分け

あけましておめでとうございます。

P.G.C.D.スタッフの神原です。

本年もP.G.C.D.をどうぞよろしくお願いいたします。

新年、気持ちを新たに仕事もプライベートも楽しんで、

たくさんの幸せなことや素敵なことに出会いたいと思っております。

幸せな出来事といえば、昨年10月に入り、

ひとつ嬉しい報告が私のもとに届きました。

大学時代の同級生が12月に結婚式を挙げることになったのです。

そして、12月中旬に結婚式に参列いたしました。

友人とは、大学時代、同じ声楽専攻ということもあり、

実技の授業を共に受けたり、座学の勉強を一緒に行ったり、

学校外でも遊んだり、お泊りしたりと

楽しかった思い出がたくさんあり、

結婚式の際にはまるで走馬灯のように思い出が蘇ってきました。

卒業後は仕事やコロナウイルスの影響など、

なかなか会う機会はつくれなかったのですが、

招待してもらえたことが本当に嬉しかったですし、

何より友人の幸せな姿を見て胸が熱くなりました。

特に感動したのは、友人のお母様のピアノ伴奏で、

友人が歌を披露した場面でした。

大学時代の友人の歌を聴いていたためか、

昔より声量も増え、美しい歌声になっていたことはもちろんのこと、

何より友人を見守り続けたお母様の伴奏で

人生でかけがえのない日に歌っているその姿に

涙を堪えることができませんでした。

緊張して、ご友人の前で少し照れくさそうにしている旦那様の姿を

愛おしそうに、幸せそうに見つめる姿を見て、

本当に素敵な方に巡り会えたんだなと

心があたたかくなりました。

挙式から披露宴まで、あたたかく幸せな空間で時を過ごして、

友人の幸せそうな笑顔を見ることができて、

私まで幸せのおすそ分けをしてもらった気持ちになりました。

大切な友人の新しい門出に立ち会えたことを本当に嬉しく思いますし、

これからのふたりの新しい日々に、

たくさんの幸せが訪れてほしいと心より願っています。

さて、新しい日々といえば、

2023年よりP.G.C.D.は新しいP.G.C.D.を解き放ちます。

・新製品や新ノベルティをラインナップ

・一新されるP.G.C.D.のWEBサイト

・定期便が生まれ変わる「定期BOX」

・アートやイベントなど、心躍る出会いをお届け

・貯めれば貯めるほどエコになる、新ポイントサービス「グリーンポイント」

また、新P.G.C.D.スタートキャンペーンといたしまして、

ロシオン エクラ ニュー エラ』を期間限定にて、

限定デザインパッケージでお届けするキャンペーンも行っております。

こちらもぜひご覧ください!

▼生まれ変わるP.G.C.D.のニュースの詳細はこちら!

よりお客様へワクワクをお届けできるように、

日々精進して寄り添っていければと思っております。

今後ともP.G.C.D.をどうぞよろしくお願いします。

本年も皆さまに素敵な日々や幸せがたくさん訪れますように。

2022/12/22

【スキンケアについて】サンタさんはいつまで来るの?

こんにちは。

スキンケアコンサルタントの嶋田です。

いよいよ年の瀬も押しせまり、

クリスマスのイルミネーションが街を華やかに彩っています。

子どもの頃のクリスマスの楽しみといえば、

何といってもサンタさんからのプレゼント。

我が家でも、毎年子どもには”サンタさん“からプレゼントが届きます。

子どもが大きくなるにつれ、「サンタさんはいつまでくるの?」と

質問されるようになりました。

薄々、サンタさんの正体を気付き始めているからでしょうか。

子どもが真実を知る瞬間というのは、

各家庭によって沢山のエピソードがありそうですが、

私にも強く印象に残っていることがあります。

私が小学生の頃、

「サンタさんは夜寝ている時にこっそり家に入ってプレゼントを置き、

その姿は誰にも見せない」と頑なに信じていました。

その時は小学4年生のクリスマス前日に突然やってきました。

あまりにもプレゼントを楽しみにし過ぎていた私は、

テンションが上がり、はしゃいでいたと思います。

そんな私に、両親がふと言いました。

「サンタさんが今来るかもしれないから、別の部屋に行ってて」

よく事情が分からないまましばらく別の部屋で待ち、リビングに戻ると、何とそこには

夜来るはずのサンタさんが昼間にやってきて、プレゼントを置いていったのです。

そこまでされて気が付かない子どもはいません!

一瞬ですべてを悟り、本物のサンタさんの正体に気が付いた瞬間でした。

今思うと、少しでも早くプレゼントを届けたいという

両親の愛情だったと思いますが、

子どもの私にとっては複雑な心境だったのを覚えています。

皆さまはどんなクリスマスの思い出がありますでしょうか?

さて、この冬P.G.C.D.からは、自分へのクリスマスギフトにもぴったりな

発酵オイル美容液※【L.U.X.E. Vaunting One】が新登場しました!

「冬場は、目元や口元が乾燥していつものケアでは物足りない」

といったお客様のお声から生まれた商品です。

たった1滴で驚くほど保湿力があり、

ふっくらとハリのあるツヤ肌へと整えてくれます。

いつもの洗顔後にWエクラでしっかりと潤した後、

Vaunting One』をスポイトから1滴とり、

目元・口元など乾燥が気になる部分を中心につけ、お肌になじませるだけ。

一度使っていただければ、その優秀さを実感いただけると思います。

私も早速使っておりますが、7種類のオリジナルアロマブレンドの香りが

気分を上げてくれ、とても豊かな気持ちになります。

この冬、ぜひ皆さまもお試しください!

キャンペーンはこちらから

心せわしい年の暮れですが、お体にお気をつけてお過ごしください。

※ 2種類の発酵オイルを配合したオイル美容液です(プセウドジマエピコラ/オリーブ果実油発酵液、プセウドジマエピコラ/アルガニアスピノサ核油発酵液:エモリエント成分)

2022/12/08

【スキンケアについて】意識していない習慣

皆さまこんにちは。P.G.C.D.スタッフの齋藤です。

P.G.C.D.では「習慣」を大切にしていますが、

ふと、こんな習慣もあったなと感じた出来事がありました。

10月の話になりますが、

楽天オープン(楽天ジャパン・オープン・テニス選手権)を観に行きました。

学生時代にテニス部で一緒だった友人4人で観に行っている

毎年恒例の行事です。

3年ぶりの開催だったので、いつもは昼のセッションに行っていたのを

今回は夜のセッションも。朝から晩までテニスを堪能しました。

合間にお互いの子どもたちの話になることが多く、

小さくて子どもを預けて観にきていた頃から、

今や大学生になった子もいたりと、時の経過を感じます。

テニスを観に行くこともそうですが、

同じ時期に子どもたちの成長を報告しあって、成長を喜び合う習慣。

意識していないところで習慣づいていることが

あるのだなと感じ嬉しく思いました。

このところ、自宅に置いてある

ロシオン エクラ ニュー エラ』を娘達が使っています。

何気なく使っているのかもしれませんが、

彼女たちにとって“意識していない習慣”になるのかもしれないな、

と思う今日この頃です。

2022/12/02

【スキンケアについて】朝ごはん

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの佐々木です。

いよいよ12月、2022年ももうすぐ終わりですね。

まだまだ寒暖差も大きいここ最近、

寒い日は布団から出るのも気合いが必要になってきました。

さて、そんな中、皆さま「朝ごはん」はどうされておりますでしょうか?

お米派、パン派、食べない派など、いろいろあると思いますが、

私はすっかり「パン派」です。

しかも、

「食パン1枚+豆乳をコップ1杯」

というメニューをここ数年続けています。

こういう書き方をするとすごくポリシーがあるように見えてしまいますが、

理由はすごく些細なことで、日中にお腹が痛くならない朝食の適量が

「食パン1枚+豆乳1杯」だったというお話。

例えば旅行先で、「モーニング・ビュッフェだ!」とテンションが上がって食べてしまうと、

日中、見事にお腹が痛くなってしまいます。

(それはそれでシンプルに食べ過ぎなのかもしれませんが)

毎日同じメニューというと「飽きてしまうのでは?」と思われるかもしれませんが、

面白いもので、食パンも上に乗せるものを少し変えるだけでも気分が変わります。

いつもはいちごジャムを乗せたり、はちみつをかけたりしていますが、

最近はふるさと納税で送ってもらった“ちょっといいチーズ”を乗せて贅沢気分。

メニューは一緒ですが、「朝ごはん」をちょっと工夫することで、

1日のはじまりを楽しむようにしています。

さて、「朝ごはん」も大事ですが「朝洗顔」も大切です。

朝用スキンケアソープ「サボン クレール」の洗顔は、

こってりとした濃密な泡がやさしく汚れを吸着し、

睡眠中に排出された老廃物を落としてくれます。

ぼやっとしがちな冬の朝も、 「朝洗顔」でスッキリして、1日をはじめましょう。