“ICHIE”は、お客様との“一会”を大切にするために恵比寿に誕生したP.G.C.D.のブランドストア&洗顔エステサロン。その思いを受け継ぎ、少しでも多くのお客様との接点の場となれるように生まれたのがこのブログです。

専門のコンサルタントをはじめ、P.G.C.D.スタッフが実践しているケア方法、P.G.C.D.商品にまつわるエピソード、さらに洗顔エステサロンの様子などもご紹介していきます。ぜひお時間のあるときにご覧いただき、皆様の毎日のスキンケアやヘアケアのお役に立てていただければ幸いです。

2017年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

2017/01

2017/01/27

【スキンケアについて】新春、団子対決!

こんにちは。P.G.C.D.スタッフの一戸です。

 

1月は1年で最も寒い時期。

大寒も過ぎましたが、

まだまだ厳しい寒さが続きそうで、

今から春が待ち遠しいですね。

 

年始は社員一同で明治神宮を参拝するのが

恒例行事です。

今年も例年同様、社員揃って祈願して参りました。

 

01
そして、プライベートでは、

西新井大師に厄除け祈願に行って参りました。

 

子供の頃は、親に連れられてお参りに来たものです。

立ち並ぶ屋台をワクワクしながら眺めたことを

思い出します。

 

さて、その西新井大師には面白い名物があります。

山門前の団子対決です!

 

元禄2年(1689年)に創業した歴史ある「清水屋」
 
02
 
文化2年(1805年)に創業した元祖を謳う「中田屋」
 
03
 
山門前の参道を挟んで店を構えているので、

一度足を運んだことのある人なら

誰もが知っている話かもしれません。

 

西新井大師に来たからには、

お土産に草団子をと思うものの……、

どちらを選ぶか悩んでしまいます。

さて、どちらを購入したものか。

 

草団子のことは一旦さておき、

西新井大師の山門をくぐり抜け、いざ境内へ。

まずは手水舎で手を洗い、身を清めます。
 
04
 
お護摩(ごま)受け付けを目指し一歩、二歩進みますが……
 
05
06
 
気がつくと屋台に気をとられてしまいます……!

誰もが一度は買ったことのある(?)お面屋、
 
07
 
流行りの(?)

「ファインディングDORYすくい」も見つけました。
 
08
 
閑話休題。

 

お護摩の受け付けを済ませ、大本堂内へ。

大本堂内の写真は控えますが、

今年は気合をいれて一番前で

お護摩祈願をして参りました。

 

お護摩では、

洒水加持(しゃすいかじ)の後、

護摩壇で護摩が焚かれます。

目の前で炎は次第に高く燃え上り、火の粉が舞います。

炎はご本尊を迎える灯火であり、

その炎で厄災を焼き払うのだそうです。

 

月並みな表現ですが、
 
身が引き締まった気がします。

 

行の後は、お札を頂戴いたしました。
 
お札そのものが、ご本尊に成り代わっているそうなので、

自宅で大切にお祀りしようと思います。
 
09

 

さてさて。

お護摩の後、お土産に購入したのは……
 
「中田屋」の草団子!
 
10
 
「中田屋」「清水屋」ともに人だかりができていましたが、

「中田屋」の草団子は、

着色料、保存料が一切使用されておらず、

天然の原料が使われていたことが

決め手になりました!

 

ほおばると、よもぎの香りが広がり、

なんとも懐かしい味がします。
 

11
12

 

草団子を見て、
 
サボン フォンセ』も同じだなと思いました。

 

サボン フォンセ』の深みがある緑色も、

天然由来の色素によるものです。

 
13
 
実は当初、私の妻でさえ着色料の色と誤解していました。

もし同様のことを気にされている方が

いらっしゃいましたら、安心して洗顔してください。

 

自身の身体をケアするなら、

素材を見極めて選ぶことが大切ですね。

 

新年のお参りでは、

P.G.C.D.の会員の皆様の健康もお祈りしました。

 

今年一年、皆様が健やかに過ごせますように。

 

2017/01/19

【スカルプケアについて】父の影響ではじめたこと

こんにちは。

スキンケアコンサルタントの江上と申します。

 

ゆったり過ごしたお正月も終わり、

気持ちも新たに沢山の仕事と格闘していると、

あっと言う間に1月も折り返し……。

時間の経つのは早いものですね!

 

私も年末年始は実家に帰省し、

父が庭で育てた野菜を毎日沢山食べて、

普段の野菜不足を解消してきました。

 

キャベツ、白菜、人参、大根、カブ、ラディッシュ、

ほうれん草、ケール、春菊……。

父と一緒に庭を一周して、

それぞれの野菜の育ち具合を見ながら、

野菜作りの難しさや面白さを聞くことができました。

 

01

 

部屋に戻ると、その日の野菜の様子や

手入れした内容を分厚い日記帳に

万年筆で丁寧に書き残している父。

 

毎日机に向かい、万年筆で物書きをしている

父の姿を見ていると、私も万年筆に

興味がわいてきました。

万年筆を借りて使ってみると、

なめらかな動きと、すらすらとした書き心地に感動……!

 

自分でも欲しくなり、

自宅に戻ってから早速万年筆を買いに行きました。

そして、仲の良い先輩への誕生日プレゼントに、

万年筆で書いた手紙を入れることにしたのです。

 

メールよりも、文字を書くことで、

一層相手のことを思う時間が過ごせた気がします。

 

02

 

先輩へのプレゼントは

弊社のヘアケア商品セロム ドール

贈ることにしました。

 

03

 

アルガンオイルやアーモンド油配合の

洗い流さないトリートメント。

空気が乾燥するこの季節、

以前は静電気に悩まされていた私も

大変重宝している商品です。

 

オイル配合なのにべたつかず、

サラサラなのに静電気も起きにくく、

気に入っています。

『セロム ドール』の詳細はこちら : http://www.pgcd.jp/guide/serum.aspx

 

静電気や毛先のパサつきでお悩みのかたに、

ぜひお試しいただきたい商品です。

 

自分が納得して愛用している商品を選び、

さらに手書きのメッセージを添えたことで、

先輩との距離が少し縮まったような気がして、

プレゼントを贈った私自身も心が満たされました。

 

2017/01/12

【スキンケアについて】一年のはじまり

こんにちは、P.G.C.D.スタッフの東山です。

 

新しい年が明けて10日余りが経ち

新年の御目出度い空気から日常風景が戻ってきました。

 

私は、気持ちを新たに一年をはじめるにあたり

五節供のいちばん最初の節供「人日の節供」に

七草粥をいただきました。

 

01

 

人日の節供は本来、一年間の健康を祈願し

七草粥を食べる風習ですが

最近では、お正月のご馳走の後に

胃腸を休めるという意味で広く親しまれています。

 

年末年始の不規則な生活によって疲れた身体を

内部から労ってリセットしてあげることで

今年は好調なスタートが切れているように感じます。

 

これはお肌にも言えることで、

これから一年を健やかな肌で過ごすためにも

不規則な生活からくる肌リズムの乱れは

一刻も早く改善したいものです。

 

そんな時に役立つのがジェル状美容液の

ジェル エクストラ エフェです。

 

02

 

厳選された保湿成分やビタミンが

ナノの浸透力で角質のすみずみまで沁み渡り

機能が低下した「弱り肌」をいち早く立て直します。

 

03

 

エフェの集中レスキューケアは

ロシオン エクラでしっかり保湿した後に

お顔全体に2~3プッシュを

お肌の上で伸ばさないようにトントンと優しく乗せて

両手でしっかり馴染ませるのがポイントです。

 

さらに、朝にご使用いただく場合は

エフェの後にベースメイク美容液のP.I.を足せば

日中の乾燥や様々な外敵刺激からも

お肌をやさしくガードしてくれるので

ますます加速していく、やっかいな冬の乾燥も

安心して乗り越えられます。

 

ぜひ、一年のはじまりにお試しください。