“ICHIE”は、お客様との“一会”を大切にするために恵比寿に誕生したP.G.C.D.のブランドストア&洗顔エステサロン。その思いを受け継ぎ、少しでも多くのお客様との接点の場となれるように生まれたのがこのブログです。

専門のコンサルタントをはじめ、P.G.C.D.スタッフが実践しているケア方法、P.G.C.D.商品にまつわるエピソード、さらに洗顔エステサロンの様子などもご紹介していきます。ぜひお時間のあるときにご覧いただき、皆様の毎日のスキンケアやヘアケアのお役に立てていただければ幸いです。

2013年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

2013/02

2013/02/28

【スキンケアについて】実は肌の大敵が多い?!車に乗る際のスキンケア

こんにちは。

P.G.C.D.スタッフの小塩と申します。 

明日からいよいよ3月に入ります。

今年の冬は各地で雪が多く降るなど、とても寒い日が続いていたので、暖かい春が待ち遠しいですね。

 

陽射しは春を予感させますが、まだしばらくは寒く乾燥している日が続きそうですので、今日は私の仕事中の乾燥対策についてご紹介いたします。

 

私は商品部に所属しているので週に1~2日程、車で出荷先の倉庫へ向かいます。

今の時期はとても寒いので車内では暖房を付けていますが、往復1時間15分程。

肌はとても乾燥します。

 

そこで運転中の乾燥対策として私が行っていることを2点ご紹介したいと思います。

 

最初はとても簡単な心がけ。

「顔に直接暖房の風が当たらないようにすること」です。

1人で倉庫へ向かうときはなるべく足元だけに暖房を付けるようにしていますが、それでも寒かったり、他の社員も乗っている場合には車内全ての暖房を付けることも。


画像 002

その場合、自分の前の暖房は下向きや横向きにしたりして、なるべく風が顔に直接当たらないようにしています。

 自宅でもエアコンを使う際は、極力風が直接当たらないようにしていますが、これだけでもお肌の乾燥の程度がだいぶ違います。

まだご自宅やオフィスなどでエアコンを使う機会も多いかと思いますので、風向や風の強さなどにも気を遣われることをおすすめします。

 

2つ目は「運転前にPI(プロテクシオンアンテグラル)を2度重ねづけすること」です。

画像 001

エアコンとの距離がとても近い車内では乾燥を感じやすいので、保湿成分がたっぷり入った「PI」の重ねづけがかかせません。

また、車内は窓に囲まれていて紫外線も吸収しがちです。

これはどの季節にも共通しますので、冬だけでなく、車に乗る際は乾燥対策と紫外線対策のために、常にこの「PI重ねづけ」を意識しています。

日常的に車での移動が多い方、お休みには車で遠出をされる方もいらっしゃると思いますので、もしよろしければご紹介したケアをお試しくださいね。

 ▼ 車内での乾燥対策や紫外線対策にもご活用ください

「PI(プロテクシオンアンテグラル)」の詳細ページはこちらから▼

http://www.pgcd.jp/ec/jp/dictionary/column/makeup.html

2013/02/21

【スキンケアについて】P.G.C.D.のスキンケアは、男性もお使いいただけます!

こんにちは、

P.G.C.D.スタッフの小田と申します。

 

私はP.G.C.D.でも数少ない男性社員の一人です。

よく肌育サロン参加のお客様や、友人などに「男性でもP.G.C.D.の商品を使っているのですか?」

という質問を受けますが、P.G.C.D.では社員全員が自社商品を使いスキンケアをしておりますので、もちろん男性社員の私も使用しております。

 
商品

P.G.C.D.の商品は「肌そのものの再生力を活性化させる」ことが特徴ですので、老若男女、お肌悩みを問わずにお使いいただけますし、「洗う」と「潤す」という2ステップケアなので、男性の方でも、簡単に始められます。

 
P_G_C_D02

男性は、女性と違い「PI」を塗るなどの日中のケアを行わない方がほとんどですので、女性よりもホコリや外気(排気ガスや花粉など)を直接受けて、汚れが肌にのったまま1日を過ごしているケースがほとんどです。

 

そんな夜の肌を「サボン フォンセ」で洗顔し、「ロシオン エクラ」で潤すとワントーン明るい肌になりスッキリします。

もちろん朝の洗顔も睡眠中の汚れやベタつきを落とし、スッキリした肌を日中キープするのに大切です。

 

お客様の中にも、パートナーと一緒に使われているというお声を聞かせてくださる方もいらっしゃいます。

 

泡立てや洗顔方法、エクラのハンドプレスなどパートナーの使用方法を見て、正しくお使いいただけているかチェックしてみてください。


P_G_C_D03

自分が使用しているときには、気付かなかったことを発見するかもしれません。

実は、私達も肌育サロンで、お客様の泡立てや洗顔をしているところを拝見させていただき、新しい発見することもございます。

 

また、ご家族でお使いいただき、どなたが一番良い泡立てができたかなどを見せ合うのも楽しいかもしれませんね。

▼ 「洗う」「潤す」の基本の使い方は、こちらからご覧いただけます▼

 http://www.pgcd.jp/ec/jp/method/2step/

 

2013/02/14

【スキンケアについて】頭皮は意外と乾燥しがち?!美髪へ導く保湿ケア

こんにちは。
P.G.C.D.スキンケアコンサルタントの泉原と申します。

節分が過ぎ、日中の暖かい陽射しや梅の花の開花に春の訪れを感じる季節となりました。

CIMG1462

けれど、まだまだきびしい乾燥が気になりますね。

乾燥対策として、毎日ロシオン エクラを重ね付けしたり、
ボディにはプールコールをたっぷり使用して万全に過ごしていましたが、
最近ちょうど肌が乾燥した時と同じような、ピリピリとした刺激を
頭皮に感じることがありました。
皆様も頭皮の乾燥を感じたことはございませんか?

頭皮は髪に覆われているため、つい見落としがちですが下記の原因で乾燥が進んでしまいます。
・紫外線
・加齢
・洗髪時の癖(泡立てが不十分なまま、いつも同じ場所にシャンプーをつけて洗い始める等)
・ドライヤーの熱

乾燥した頭皮は、角質が捲れあがってカサカサした状態になり、
バリア機能が低下して炎症を起こし、赤みが出ることもあります。
お肌の仕組みを考えると、お顔と同じトラブルが頭皮でも同様に
起こってしまうと言えます。

現在実施中のキャンペーンでプレゼントしている『エクラミスト』は
これまで日中の乾燥が気になる時に顔や手に使っていましたが、
今では「頭皮の保湿アイテム」として愛用しています。

CIMG1511

健やかな頭皮があるからこそ、健康な髪が生まれてくるものです。

洗髪後、タオルドライした頭皮全体に潤いが届くように
エクラミストを数回吹きかけます。

「ロシオン エクラ」をベースに作ったミストは、高い保湿力やオイルフリーの特徴を
そのまま引き継いでいるので、毛穴詰まりや髪がべたつく心配もありません。
また、片手で髪をかき分けながら、もう一方の手でシュッと
吹きつけられるのも手軽でとても便利です。
いつもの髪のお手入れに、エクラミストを追加することで頭皮に
良質な潤いが届き、すぐにピリピリとした刺激はなくなりました。
また、髪そのものもパサつきが落ち着き、スタイリングしやすくなったと感じます。

輝く素肌はもちろん、輝く艶のある髪も多くの女性の憧れだと
思いますので、ぜひお試しくださいませ。

2013/02/07

【スキンケアについて】花粉症の季節のスキンケア

こんにちは。

P.G.C.D.で商品の企画開発を担当している、赤坂と申します。

 

わたしは最近美肌づくりと健康のためにグリーンスムージーづくりを始めました。

緑の葉野菜とフルーツなどの生の栄養素が簡単に摂取できるグリーンスムージー。

豊富に含まれる食物繊維と酵素が腸内環境を整え、花粉症にもよいと聞き、しばらく続けてみようと思っています。

  スムージー

 

食物繊維は、抗酸化作用を持ち合わせているものが多く、体の中から酸化を防いでくれるエイジングケア物質。美肌づくりの強い味方ですね。

一方、酵素は細胞を含む体の代謝を促す大切な要素。年齢とともに体内で作られる量が減ってきますので、食べ物で上手に補っていくのがおすすめです。

花粉症への効果は検証中ですが、飲み始めてすぐにお腹も快調、お肌の透明感がやや増した気がします。

2月に入り、わたしにとってはいよいよ花粉症のシーズンが始まりました。

この季節は鼻をかむなどお肌をこすってしまいがち。

また、ほぼ毎日使用するマスクが触れる鼻の頭や頬の皮膚は、常に摩擦されている状態で、

肌表面が傷つき、カサつきやヒリヒリを感じることも。

そういう時は必ずいつもより多めにエクラを重ねづけし、長めにハンドプレスをしています。

暖かなハンドプレスが、お肌だけでなく気持ちをほぐし、癒してくれます。

そして、たっぷりエクラを含んだ肌に「ジェル エクストラ エフェ」を指で丁寧にのせ、特にカサつく部分は重ねづけをし、しっかりとケアをしています。

 

エフェには、抗アレルギー効果・抗炎症作用のあるテンチャエキスなどが配合されており、こすり過ぎで赤みを帯びた肌を落ち着かせてくれます。また、肌本来の自己再生力を呼び覚ますホエイタンパクが、刺激を受けて弱った肌を細胞レベルで立て直していきます。さらに、NMF(天然保湿因子)であるサッカロミセス溶解質エキスが、バリア機能をサポートするので、お肌が刺激を受けやすいこの季節の強い味方となってくれるのです。 

エクラもエフェもアルコールフリー処方。

敏感に傾きやすかったり、傷つきやすいこの季節のお肌にも、しみることなくやさしくうるおしてくれます。

 

エフェエクラ

しっかり栄養を摂ることで体の中も瑞々しく保ち、さらに丁寧なケアでお肌本来の自己再生力を高めることで、季節特有のトラブルやストレスに負けない美肌を目指しましょう。

 

▼ 花粉症の季節におすすめの「ジェル エクストラ エフェ」の詳細はこちらから ▼

http://www.pgcd.jp/ec/jp/guide/effet.html